スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20日のダブル世界戦の予想

月曜日の世界戦が近づいてまいりました。

内山選手は、誰とやっても自分のボクシングを貫ける抜群の安定感を初防衛戦でも見せてくれました。

順当ならば、無理せず戦っても、次第に相手にダメージを与え続け、中盤以降に仕留めてくれるでしょう。

難しいのが、河野対ロハス。

世評では、ロハスの負け数の多さから、河野の勝利が有力視されているようだが…。

5月の内山戦の同一興行で行われた殿村戦を間近で見ている僕としては、

①スロースターター

②サウスポーの左アッパーへの防御の不安

が懸念として残る。

序盤でダメージを被ると、最悪、ストップ負けもありうる、と思う。

なんとか、序盤をイーブンで乗り切り、終盤以降に勝負、中差の判定勝ち、という展開が理想ですが…。

僕は正直、河野にとって厳しい試合になると思います。

河野が持つ、初回から12回まで飛ばせるラッシングパワーは魅力的だが、

時としてジャッジには単調さゆえか、アピールしきれないことがある。

(このことは、坂田にも言えるが)

名城との試合も、ジャッジが全員日本人ならば、河野の勝ちであったであろう。

とりわけ、WBCの採点だと、後退しながらのジャブをリングジェネラルシップとして、過大評価する傾向がある。

受験勉強ではないが、「採点基準を意識しながらのボクシング」が、河野および陣営には要求されよう。
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

近づいてくるとワクワクしますね。
一応、最終予想を・・・と言っても自分は願望が込みですが。

①内山中盤または後半にKO勝ち
②河野大差判定勝ちか終盤TKO勝ち

いろんな懸念がありますが、私は結構、河野好きです。アン・スタイリッシュというか不器用も極めれば芸になると言うのが失礼過ぎるなら、平凡を極めれば非凡になると思います。亀1がびびって逃げ出す様な試合をしてもらいたいですね。
それより金城欠場が残念です。アンコタも観たかったですし。
スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。