スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーンサワット対李?

今週はお暇なので、また記事を書きます。

boxingmasterさんのブログによると

http://ameblo.jp/stanbox7/

プーンサワットが李冽理が決まったとのこと…。
フェザー級の李にとっては、一階級下げての挑戦、ということになりますね。
僕は、李の試合は見たことがないのですが、クリス・ジョンをあれだけ苦しめた榎を破っているくらいですから、世界挑戦者相応の実力はあるのでしょう。

たぶん、国内での試合ということもあり、李はボクサータイプの戦術を取るのでしょうか…。
しかし、国内屈指の技巧派、木村をあっさり屠ったプーンサワットの圧力を逃れるのは、難しい気がします。

さらに、李には減量の問題もある…。

順当にいけば、プーンサワットの強さが際立つ試合になりそうですね。

普段はパチンコ屋さんで働いているという李にも、がんばってほしいですね。彼のトランクスの後ろには、そのお店のロゴが書いてあります。

(この前の日曜日、彼の勤務するパチンコ屋さんの系列店で、友人と朝からならんで打ちましたが、二人とも何かに祟られたように、ぼろ負けしました。これは余談です。)

少し前は、帝拳の山中がプーンサワット挑戦、という噂もありましたが、山中としてはプーンサワットを回避するほうが賢明でしょうね。

ちなみに、同じ帝拳勢であれば、プーンサワット対松田ならみたいです。松田はもともとは122ポンドで戦っていた時代が長いこともあるので。松田のガッツあふれるファイト、勝敗はともかく面白い試合になりそうです。下田も、あと少しキャリアを積めば、プーンサワットとも好勝負ができるのではないでしょうか。

頭の中での仮想対戦もまた、面白いものです。

ノエル
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。