スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂気の男、エドウィン・バレロを悼む・・・

エドウィン・バレロが妻を殺害し、逮捕されたあと、独房で自ら縊死を遂げたとのこと・・・

彼のボクシングスタイルは、見る人の目をとらえて離さないものがあった。

サウスポー・スタイルから、一見危なっかしい顎をあげたスタイルで、強打を放りなげ、相手を追いかけまわし、倒す・・・。

誰にでもわかりやすい、ある意味で最もシンプルなボクシングであった。

ボクシングマニア以外の人にも、バレロの試合はわかりやすく、面白いものであったようだった。

本望戦や、嶋田戦の後は、普段はボクシングに興味がない人からも、「あれはすごい」という話を聞けた。

帝拳ジムと契約し、WBAのスーパーフェザー王座に就いてからは、満たされぬ日々を送っていたのではあるまいか・・・

「俺を満足させてくれる、もっと強いやつとやらせてくれ」という・・・。

帝拳ジムの待遇が悪いことは考えにくいので、彼の不満はマッチメークにだけあったように思える。

日本を離れて初めて、帝拳ジムでの待遇が良かったことに気がついたのではあるまいか。

名のある対戦相手を求めても、過去の事故歴から、容易には米国で試合はできない・・・。

ライト級で、WBCタイトルを取っても、変わらぬ状況・・・。

日本で、地道にキャリアを積んで、しかるべき時期にラスベガスデビューすればよかったのではないか・・・。

今となってはもう、バレロとパッキャオら強豪との組み合わせを考えても、空しいだけだ・・・。

満たされぬまま、飢えたままこの世を去ったバレロ・・・

殺人の罪は許されぬかもしれない。

昔のボクシングマガジンにあった、バレロ一家の幸せそうな写真が思い出される。

かわいらしい子どもたちはどうなるのだろうか。

今日は、あまり気分のいい日ではない。

酒は飲まない自分にとっては、眠れない夜になるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

管理人さん、はじめまして。
最近色々と忙しくて、パブリクが負けたことすらも知らなかった自分は、最初友達から「お前が前話してたバレロって選手、奥さん殺した後自殺したらしいよ」って聞かされたんですが、そん時には「は?何わけわかんないことぬかしてんだコイツは」って思って全然相手にしてなかったんですが、「いや、ヤフーニュースに出てたから」って聞かされて、家に帰ってからおそるおそる確認したら本当だったなんて・・・
ウソであってほしかった。。。
いきなり過ぎて全然この事実を受け止められませんし、まだ正直心の整理がつきません。。。

最近までバレロは、チャベス大統領のタトゥーを胸に彫ったり、奥さんへのDVだ、アル中だなんだって色々騒がれてたと思ったら、キューバに行ったりと「大丈夫なのか??」って若干心配してたその矢先にこんな事になるなんて。。

バレロは今現役の選手の中で一番好きな選手の一人でした。
帝拳ジムが彼を招集し、初めて彼が日本で阪東ヒーロー選手と戦った試合を観て、ベネズエラ出身だったこともあり、『あしたのジョー』ファンな私は「リアルカーロス・リベラじゃん!!」って思ったのも、それに「1Rバレロ相手に立っていられたら100万円」なんてのも、帝拳がイロモノ招集するはずないので、幻想は高まり「どんだけ強いんだバレロって選手は・・・」って思ったのも昨日の事のように覚えています。

穿った見方をする奴らもいましたが、自分にはピタルア戦も、試合中にバッティングにあったベラスケス戦も、そしてバレロが干されてた間に暫定王者になったデマルコ戦までも、全てKOで決めたバレロは間違いなく超一流の選手だったと思います。
激戦区のライト級で、ましてや世界戦レベルでこんなことが出来る選手は世界中くまなく探したってそうはいないと思います。

今となってはもう遅いですが、マルケス兄とのライト級頂上決戦や、スーパーライト級ではマイダナやオルティスとの強打者対決や、人気者カーンとの対戦、そして、本人が望み続けたパックマンとのメガマッチはどれも是非観てみたかった。。。

どの試合も自分はバレロならやってくれるんじゃないかと思わせる何かを彼は持っていたと思いますし、実際に彼ならやってくれたんじゃないかと思っています。
間違いなく『KOキング』から『PFPキング』になれた逸材だったと思います。。。

サウスポースタイルから放たれる『カミナリ』を、そしてリング上のどこまでも相手を追い掛け回し、そして最後には仕留める、狂気をはらんだ選手バレロのことを自分はこの先も一生忘れません!
そして自宅のの壁に貼ってあるバレロのスーパー・フェザー級王者時代のポスターも絶対に剥がしません!

もちろん決して許される事をしたわけではありませんでしたが、他の人達も、故人を叩くのだけはもうやめてほしいですね。

最後にバレロとカロリーナさんのご冥福をお祈りします。

コメント欄なのに長々とくだらないことを書いてしまい、すいませんでした。

アンチェイン様

書き込み、ありがとうございます。

バレロのボクシングスタイルは、本当に魅力的でした。

このような悲劇、なんともいいようがありません。

本場のリングでの雄姿、見たかったです。

パッキアオとの試合は、本当に見たかったです。

パッキアオは、フライ級時代はバレロ同様に、本能のままのファイターでしたが、

ローチトレーナーの手腕で、増量につれテクニシャンと化してゆきました。

実は、僕は生パッキアオを後楽園で観戦しています。

これはマニアとしては、自慢できますが・・・。

一ラウンドで、寺尾選手を仕留めたのですが、

頭も入っていたような記憶があります。

もし、パッキアオがバレロと戦えば、昔自分が持っていた野生の本能が蘇り、

ものすごい試合になっていたかもしれません。

今となっては、すべて想像になってしまうのが悲しいですが・・・。
スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。