スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ観戦 佐藤対渕上

この試合、大方のマニアはある意味、「ミスマッチ」と思っていたのではないでしょうか。
佐藤選手はシュトルムには完敗したものの、日本人相手では、やはり世界挑戦者の保住にも圧勝しているなどの実績十分。

一方、渕上選手は「6敗」もしている…。ということで、ホールの入りも1500人程度だったようですね。僕自身も、先日の金沢行き、その前のスロ「北斗の拳」での惨敗(番長や赤ドンは調子がいいのですが…初代の北斗から、北斗とはウマがあわないようです)もあり、CSでみれるなら、ということで、自宅で観戦しました。

試合展開は予想通り、でしたが、渕上選手は打たれ弱さが幸いし、ダメージが比較的早くぬけ、右ジャブ、左ストレートという基本どおりのボクシングを展開し、佐藤選手の打ち疲れ、コツコツとダメージがたまるのを待つ、というかんじでした。

テレビ観戦なので、なんとも言えませんが、8回、ダウンを奪った佐藤選手がゴング時にはむしろダメージ、疲労度が多かったような気がしました。

不謹慎かもしれませんが、以前の辻選手の9回終了時の姿を思ったのは、僕だけではない、と思います。ある程度のマニアなら。

ただ、渕上選手の「6敗」という数値が、帝拳のセコンド陣をして、油断へと導いたのかもしれません。

佐藤選手は幸い、事故に当たらずほっとしました。日本の重量級の数少ないスターですので、渕上選手との再戦を含め、捲土重来を期待したいですね。あとは、元暫定王者の石田選手、160ポンドに上げてきた湯場選手らの絡みを見たい、というのは贅沢でしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まったく最近の両者の試合見てませんね。

関係者は後半なら淵上という感じでした。

淵上の奥さんはトライアスロンのジュニア日本代表で一緒にロードワークしてますから。

淵上選手はスタミナに絶対の自信があったみたいです。

佐藤選手はボディ弱いしサウスポー苦手。スタミナないし。

まあマニアは佐藤圧倒的優位でしょうけど
スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。