スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたのトリプルメインについて

山中の指名挑戦者決定戦が、空位のWBCバンタム級王座決定戦に昇格したのは、ある程度は織り込み済み(ミスター・本田の政治力)だったので、それほど驚きませんでした。山中はおそらくは今年の国内年間最高試合になるであろう、岩佐との日本バンタム級戦で、序盤の劣勢を覆す戦術、強い意志、決定力を見せてくれた。今回はWBC戦ということもあり、4回、8回での途中採点がどう出るか、によって戦術も変えてくるであろう。そこが楽しみでもある。相手の選手の力量が未知数なので、楽観視はできないが、ホームの利、を斟酌すれば山中の老獪さも手伝い、中差での判定勝利は狙えるのでは、と思う。正直、2年くらい前までは、山中が世界レベルに行くとは思っていなかったので、自分の見識のなさを素直に反省したい、と思います。

五十嵐は、正直不安な面もあります。日本王座の防衛戦では、ペース自体はヨシケンに取られかけていたが、何とか2-0の判定で勝利を拾った、という感があります。これまた、相手の情報がよくわからないので何とも言えませんが、かつて奇麗なアウトボクサー、現WBAスーパーフライ級王者に完敗、ヨシケンとの拙戦を鑑みるに、ボクサー型であれファイター型であれ、まだadaptationの能力が不足しているのでは、との感は否めません。相手が中途半端な選手なら、勝機も見えてくるでしょうが、正真正銘の「世界ランカー」であれば厳しい試合になるであろうし、仮にこの試合に勝ったとしても現在の戦力に相当上乗せがなければ、ホームでやったとしてもポンサクレックには簡単にさばかれてしまう気がしています。

粟生については、今回の試合はvoluntaryということもあり、たぶんくみしやすい相手を選んでいるでしょうから、それほど心配はしていません。新聞で見た限りでは、粟生の上半身が以前とは別人のようにたくましくなっていた。かつての「天才」がこれまで喫した二敗を糧に鍛練を積み、充実期に向かっているようだ。対立王者である、WBA王者、内山との直接対決も見たい。現戦力では、強烈な左ジャブだけでも試合を構築できる内山の「完成度」に分がある感もあるが(内山が圧倒したサルガドがIBF王座に就いたことも含め)、伸びしろは意外と粟生にあるのでは、との感もある。見た目と裏腹に、耐久力もありそうである。今回の試合は圧勝に終わらせ、先輩西岡のように、外国でも評価されるような選手になれるだけの素質は十分ある、と思います。

いずれにせよ、好試合を期待してみたい、と思っています。















スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。