スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイトニュースからの転載・ポンサクレック・ウォンジョンカム対エドガル・ソーサ戦の詳報

By Damrong Simakajornboon
Photos: Sroi Mungmee

①WBC flyweight king Pongsaklek Wonjongkam (83-3-1, 45 KOs) impressively won a unanimous decision over WBC #1 Edgar Sosa (43-7, 26 KOs) to retain his WBC crown on Friday at 11st Royal Infantry Regiment in Bangkok, Thailand. ②Scored: Steve Morrow (California) 116-111, Hubert Minn (Hawaii) 117-110, Nobuaki Uratani (Japan) 117-110. ③The referee was Massimo Barrovecchio (Italy) and the supervisor was Frank Quill (Australia). ④This was the 26th world title fight of the 34-year old Thailander who had firstly occupied the WBC belt since March 2001, defending his title 17 time before losing to Daisuke Naito and regaining his WBC by defeating 3-division world champion Koki Kameda on March 27, 2010.

①WBCフライ級王者、ポサクレック・ウォンジョンカム(83-3-1, 45 KOs)は、WBC1位、エドガル・ソーサを(43-7, 26 KOs)相手に、印象的な3-0判定勝ちを収め、10月11日、タイ・バンコクの王室歩兵隊陸軍試合場において、自らの保持するWBC王座を防衛した。
 なお、impressivelyを本文では形容詞的に訳出していますが、これは意訳です。受験英語では、形容詞・副詞は厳密に訳し分けてください(特に京都・大阪志望者。たぶん、東京大学はこのあたり、ぬるい感じがします)。retain「保持する」。本文では、不定詞の副詞的用法の「結果」です。
②スコアは以下の通りであった。カリフォルニアのスティーブ・モローは116-111、ハワイのハーバート・ミンは117-110、日本の浦谷氏は117-110であった。
③レフェリーはイタリアのマッシモ・バロッベシオ、立会人は豪州のフランク・クイルであった。
④この試合は、34歳のタイ人にとって、26回目の世界タイトルマッチであった。彼は先ず、2001年以来WBC王座を保持しつづけ、17回防衛後、内藤大助に一度は屈するも、現3階級制覇・亀田興毅から王座を2010年3月に奪回していた。
 occupyは受験英語的には「占有する」ですが、文脈を吟味した訳出が、やはり東京・京都・大阪といった最上位国立では求められます。特に東京大学は、中学生でも知っているような簡単な単語の訳出が実はトラップである、といった問題が4(B)の和訳では頻出です。京都・大阪は相応の(出来れば私学の最高峰、早稲田・慶應レベルの)語彙力があった方が安全ですが。

①The action was exciting from the opening round as both fighters bravely exchanged punches in a close-affair first four round. ②It seemed that the left counterpunches of Pongsaklek were more accurate and more efficient than Orthodox Sosa’s punches, so the score announcement after round four were 39-37,40-36,40-36 for the Thai hero. ③Your correspondent saw 39-37, preferring round three to Sosa who looked little better. ④From round five to round eight, the show totally belonged to the champion as Sosa could not solved Pongsaklek’s left counterpunches. ⑤Furthermore, the champion also displayed many good body shots which little by little weakened his challenger. ⑥The score announce after round eight were 79-73,79-73, 80-72 while Fightnews agreed with 79-73. ⑦In round nine, Pongsaklek could continued his good performance but the accidental head clash rendered the fight to stop a minute.

①この試合は出だしから白熱したものであった。というのも、二人のファイターが果敢にも、第一ラウンドから、ほぼ互角にパンチを交換したからである。
 接続詞asはやはり厄介。ここでは一応、「理由」と解釈してはいるが、英文を書いた本人には、「and」くらいの気持ちしかないようにも感じる。「ほぼ互角に」のくだりは、a close-affairの意訳ですが、やはり受験生的には、形容詞、副詞の約仕訳をしたほうが、安全かもしれません。
②サウスポーのカウンターパンチャー、ポンサクレックの方が、右構えのソーサよりも(パンチの)正確性、有効度も上に思えた。そんなわけで、4回終了時の公開採点は39―37がひとり、49-36がふたり、といずれもタイの英雄を支持していた。
 it that構文。まあ、it seems thatは、意味的には副詞的な感じで、その気になればseeminglyなどの副詞でも代用可能ですが、受験英語ではit seems…、it appearsはよく出てきますね。なお、itを「それ」と訳した段階で、得点がつかなくなる、ということは上位受験生には常識ですが、河合塾の記述模試で偏差値60以下の生徒は、たまにやらかすミスです。accurate(adj.)「正確な」。「efficient」(adj.)「効率的な」。この文脈、というかボクシング英語では「effective」を使う方が事前に思えますが。soは重文を作る等位接続詞。
③記者の私の目からは、3ラウンドはソーサの方が若干良く見えたので、39-37とした。
④5-8ラウンドは、試合は一方的に王者の支配下にあった。というのも、ソーサにはポンサクレックの左カウンターへの対処が全くできていなかったからである。
 受験英語では、solveは「解決する」でしょうが、上記程度の日本語は「案出」できないと、最上位国立は厳しいと思います。
⑤さらに、王者は効果的なボディ打ちを織り交ぜ、挑戦者を徐々に消耗させていった。
 furthermoreは「情報追加」で用いられるディスコースマーカー。受験英語では、抽象論、換言すれば筆者のイイタイコトであれば、精読すべき文になるが、具体例の羅列の場合、かっとばしで読み、設問で聞かれたらそこに戻る、という手が、とりわけ早稲田・慶應受験生には有効であろう。また、関係代名詞の制限用法を必ず訳しあげなくてはならない、という教師が今でもいるようだが、そんなことは決してないです。詳しくは故・伊藤和夫先生の『英語構文詳解』(駿台文庫)の106ページ、107ページを立ち読みでもいいので熟読しておくことを、受験生にはおススメしておきます。たぶん、この2ページの意味が理解できない(抽象論を読み切れない国語力)受験生では、東京・京都・一橋はまず無理、というのが自分の過去の経験。

まあ、数学がむちゃくちゃできれば別ですが、数学ができる生徒は論理性も当然高いので、このページの趣旨も結局取れてしまうでしょう。駿台系の模試で、たまに英語数学は偏差値70なのに、国語で40、という生徒を見かけましたが、彼ら彼女らは大概第一志望の国立には落ちている、ということも補記しておきます。
⑥8回終了時点の公開採点は79-73がふたり、80-72が一人、一方わたしの祭典では79-73であった。
⑦9回も、ポンサクレックのいい攻めが引き続き見られたが、偶然のバッティングで試合は数分中断された。
 renderがmakeとほぼ同義で、一般的なVOCを作れることは、上位受験生は知っていることだろうが(少なくとも僕の生徒には指導を徹底してきています)、「使役」になると、原形不定詞は使えず、O to Vの形になっていることに留意されたい。使役動詞で原形不定詞を持ってこれるのは「make, have , let」の3つ、というのが受験英語という「リング」上でのルールです!!!

①After a break, referee Massimo Barrovecchio mistakenly deducted a point to Pongsaklek as he considered Sosa’s cut caused by the clash even if the cut was due to Pongsaklek’s punches during the previous round. ②Although losing a point, Pongsaklek still could controlled the show with his more accurate left punches, dominating in round ten, eleven and allowing Sosa to gain the score back in the final round as he slowed down to take less risk.

①しばしの中断の後で、レフェリーのバロッベニーノ氏は、ポンサクレックの方から減点したが、これは誤りだった。というのは、できた傷というのが前のラウンドでのポンサクレックの有効打によるものだったのにもかかわらず、バッティングでできた傷だと看做したからである。
 considerがA as B、の形ではなく、VOCで使われているため、少し読みにくいかもしれない。mistakenlyを文修飾的に訳出していますが、これも日本語らしく見せるためのテクニック。「It was a mistake that、It was mistaken that…」と読み替えても文意がかわらないことに注意してください。due to「~のせいで」。
②ポイントを失ったにもかかわらず、ポンサクレックはそれでもなお、10、11回とより精緻な左パンチで試合をコントロールした。もっとも、最終回はスローダウンするリスク回避のため、ソーサに攻勢を許し、ポイントを取り返される形にはなったが。
 allowは無生物主語の場合、直訳をしないのが普通だが、ボクシングの文章では「攻勢を許す」と書いてもいいでしょう。一応構文について書いておくと、dominatingも分詞構文を作っており,等位接続詞andでallowingと結ばれている。





あいもかわらず、ポンサクのうまさは鉄壁のようですね。今にして思うと、内藤大助はよく一度は勝ち、一度は分のいいドローを演じたなあと感心してしまいます。

業務用 掛川ブレンド茶 500g
ためして○ッテンで紹介!!話題の掛川ブレンド茶
 
◎日本屈指の茶所「掛川」
◎想像以上の緑茶パワー
 
●お得な業務用 
業務用なのでとってもお得!掛川産と福岡産のお茶をブレンドすることにより、よりマイルドな味へと仕上がりました。 
4,179円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

大変僭越で心苦しいのですが

大変失礼ながら、これは②Although losing a point, Pongsaklek still could controlled the show
文法的にはcould control とcontrol のところはed にしない方が良いのではないでしょうか。

出しゃばったことをして申し訳ありませんが、私も一介の教師として見逃せません。

家庭教師様

はじめまして。予備校講師くずれ兼、ボクシングウォッチャーのとんち番長です。

この件につきましては、私にはすいません以外、何も申し上げられません。助動詞の後には動詞の原形、というルールがまもられていない文でした。

かなり上位の受験生(僕の頭での上位、というの概ね駿台ハイレベルで70以上、東大実戦で65くらいのイメージです。正直、河合は問題は悪くないのですが、採点が「加点法」で甘いため、「なんとなく」のフィーリング読みで75取れる子が、東大実戦では偏差値40、という事例は腐るほど見ています。つまるところ、東京・大阪・京都・一橋などは英語の運用能力ではなく、英語を用いての日本語の論理力を持ち、将来日本のリーダーシップをとれる人間がほしいのでしょう。)でも、この手のケアレスミスはやりますね。タイのこのコメンテーターはかなり「キレる」英語の使い手なので、僕も意識が回らなかったようですね。

もしお時間が許せば、アマゾンで
<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=as_li_qf_sp_sr_tl?ie=UTF8&keywords=%E6%80%9D%E8%80%83%E8%A8%93%E7%B7%B4%E3%81%AE%E5%A0%B4%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E8%8B%B1%E6%96%87%E8%A7%A3%E9%87%88&tag=tonchibantyou-22&index=aps&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211">思考訓練の場としての英文解釈</a><img src="https://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=tonchibantyou-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

の、『思考訓練の場としての英文解釈』の上下巻を手に取られては、と存じます。なぜか拙著がランキング3位にまぎれていましたが、こちらは無視してくださって結構です。多田氏の頭の使い方、半端ないです。


お時間のある時、またサイトに遊びに来てください。今回はありがとうございました。


スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。