スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ観戦・WBCライト級王座決定戦・ホルヘ・リナレス対アントニオ・デマルコ、WBCライトヘビー級タイトルマッチ・バーナード・ホプキンス対チャド・ドーソン

エココプター1号
ご家庭のエアコンに取り付けるだけの「エココプター」 
 
◎テレビで放映後から大注目 
 
●空調効率がアップ、電気代が削減、直撃風を解消 
ファンはエアコンの風で動くので、電気代はかかりません。また室内の空気を循環させる事で、温度ムラを解消。結果、エアコン設定温度が1~3℃変更でき、電気代・CO2の削減につながります。 
 
5,250円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング
つい今しがた、テレビを見て、リナレス対デマルコ戦は最終回をDVDで何度か見直したところです。

正直、第一ラウンドで両者のフレームの差を感じた時、終盤にリナレスが苦境に陥る場面は予想できました。

スピード、技術では劣っても、序盤を耐えて、体力にモノを言わせ、終盤に逆転勝ち…。

世界戦では、ミゲル・コット対マルガリータ、日本戦では佐藤対翁長といった試合が好例として挙げられます。

リナレスは、序盤から軽快に動いていましたが、あれではスタミナが切れるのでは、と思ってみていました。

やはり何事でも練習と本番は違うもので、練習ではスタミナが切れなかったであろうリナレスも、デマルコのプレッシャーを受け、結局「動かされて」知らぬ間に心身のダメージを蓄積していったのでしょう。

リナレスの素質は、誰から見ても疑念の余地のない素晴らしいものだと思いますが、やはり3階級制覇というのは難しいものですね。特に、今回のように相手のとのフレームが違いすぎる場合には。

一見ポイントを取っているように見えたリナレスのコンビネーションも、デマルコの体力を感じて手打ち気味、たとえて言うならかつての二階級王者、メルドリック・テイラーのパンチに似て、力が入っていないように思えました。

チャベスとの試合(初戦)では、11回までは2-1ながらテイラーがポイントでは圧倒していましたが、身近で見ていたレフェリーのリチャード・スチール氏は「テイラーは打たれすぎていた」と試合後述べていたと思います。

5発のテイラーのパンチより、一発のチャベスの堅い右ストレートが、スチール氏には重厚に思えたのでしょう。

正直、リナレスの敗北は、実質的にスーパースターへの道を閉ざしたのでは、と思います。サルガド戦では、「ラッキーパンチ」との抗弁もできますが、この試合では終盤でのストップ負けなので、すくなくとも米国での商品価値はなくなってしまったのでは、と思います。GBPのCEOであるデラホーヤ氏も、ガッカリ、という感じでしょう。

彼の去就は気になるところです。正直、体を痛める前に、早期の引退もありなのかな、と思いました。もちろん、彼の素質をもってすれば、「普通の」世界王者にならば、相手次第でなれるでしょうが、世界のだれもが認めるような王者には、もはやなれないと思います。

戦前では結構楽観説もささやかれていましたが、ふたを開けてみないと、わからないものです。改めて、デマルコをストップに追い込んだ故・エドウィン・バレロの凄さを感じました。

ホプキンス戦は…

ううん、としか言えないですね。

ただ、TKO負けはないでしょう。それならば、ウンベルト・ソト対佐々木基樹の試合も、ソトが勝手に転んだわけですから、佐々木のTKO勝ちでいいのでは、と思いました。

たぶん、この試合結果は、WBC本部からは否認されるような気がします。少なくとも、ドーソンにベルトを巻く資格があの試合で生じたのには、納得のゆかないところがありますし、常識的なボクシング人ならそう思うでしょう。

ドーソンの失格負け、もしくはNCが妥当なところだと思います。

ジムフォーム アブス&コア
ラクして簡単に鍛えることができるEMSマシンアブス&コア 

◎前後2カ所を同時に、大人気のEMS ダイエット 
◎ベルトを巻いて押すだけ 

●努力不要でお腹と背中など2カ所を同時に鍛える
ジムフォームアブス&コア(GYMform ABS&CORE)は、体(お腹と背中など)2カ所を同時にトレーニングできます。 

●余分のないセクシーな体型に
腕脚専用ベルトで、下腿筋(前)、上腿筋(前)、上腿筋(横)、上腿筋(横or後)、腕(二頭筋/三頭筋)、前腕、僧帽筋(そうぼうきん)、ふくらはぎ、太ももへの装着も可能。 
9,800円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング

スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サルガド戦は言い訳がたつ負け方で、今回は言い訳が利かない負け方というのは長谷川のモンティエル→ジョニゴン戦での負け方と共通するものを感じます。もともとリナレスは力というよりは畑山の様にスピードと切れで勝負するパンチの質なのでパンチの威力そのものというよりはピタルアの懐が深くて相手との距離感が掴めてない印象も持ちました。結果として本来の攻撃力も削がれたのではないかと。
う~ん、バレロとの差が出てきましたね。

No title

こんばんは。コメントありがとうございます。リナレスを初めてみて、もう10年位ですが、スピードは当初からものすごかったという印象を受けた記憶があります。

ただ、体の大きさがスピードを制する、という試合をここいくつか見ていたので、いやな予感がしました。デマルコも、11ラウンド、ある程度被弾をしましたが、スタミナを使い果たす覚悟で、勝負にでたあたり、メキシカンの魂を感じました。正直、華があるタイプでもなく、ポイントの取り方もうまくないので、安定王者にはなれない、とは思います。

日本勢にも期待したいところですが、国内では安定感抜群だった荒川が露骨なホームタウンディシジョンでOPBFをとるのがやっと、では難しいですね。三垣は、撃たれ弱さが致命的ですし、日本王者になった加藤あたりでは、嶋田さんにも勝てないでしょう。その嶋田さんあたりが挑戦に名乗り出る気もしますが、WBCは承認しないでしょう。最近、WBCの認定は割と厳格になっている感もありますので。シルバーやら、ダイヤモンドは勘弁してもらいたいとは思っていますが。

No title

はじめまして。楽しく拝見しております。

リナレスの敗北に関してはいろいろと敗因をあげられていますが、フレームの差やパワー差は当初から分かっていたことであり、問題にならないと思います。試合を見る限りポイントでは圧倒的にリードし、11Rに失血も含めたスタミナ切れを起こしたと見ました。

敗因はバッドラックとしか言いようがない。しかし運も実力のうちという意味では負けるべくして負けたとも言えます。要はもっと強くなるしかないということ。個人的にはもっと大人の戦いができるメンタルが必要であるように思います。

リナレスのスピード・テクニックへの観客の反応も良かったですし、私から見ても感動的な敗戦(? 感傷的というか)で、断然この夜のベストファイト by far the fight of the night の評もあるようなので、アメリカでのリナレスの価値はむしろ高まったのではないかと私は思っています。

http://boxrec.com/media/index.php?title=Fight:1612033

長々と異論を失礼いたしました。

コメントありがとうございます。

やはり、スタミナ切れ、ですか。僕は11ラウンドもそんなに出だしは悪くないなあ、と思っていましたが、デマルコの一発の左ストレートで、露骨に効いたそぶりを見せたので、デマルコも最後の勝負に賭け、勝利を得たのでしょう。そういった意味では、褒めるはデマルコで、責められるはリナレスの精神面、ということでしょうか。

これまでもリナレスは日本国外で何度もやっていますが、どちらかといえば「昔の名前で出ています」レベルの選手としかやってこなかった(ラリオス、フアレスら)ツケが回ってきたのでしょうか。

いずれにせよ、リナレスの素質に疑念はありません。やはり、体格面を考え、130ポンドに戻し、キャリア、実績を積んで、来るべき時にもう一度3階級、狙ってもらいたいものです。
スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。