スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へナロ・エルナンデスの逝去に関して

元WBAおよびWBC・世界スーパーフェザー級王者、へナロ・エルナンデス氏が癌のため、45歳の若さで亡くなったとの知らせをニュースで知った。氏が癌と闘病中ということはもちろん知っていたが、専門誌には回復に向かっている旨、書かれていたので、非常に残念なことである。

へナロの試合は、後楽園の北側の間近で、じっくり見た思い出がある。もう20年以上前のことではあるが。左の多彩さ、ジャブ、アッパー・フックの打ち分けには唸らされた記憶がある。まだ世界王者になる前のことであったが、必ずや世界まで行ける選手だ、と思った記憶がある。同時期に帝拳さんにいた外国人選手には、エロイ・ロハスやデビッド・グリマンがいたが、ロハスは一発強打に頼り過ぎ、グリマンはのちのWBA王者・イ・ヒョンチュル戦で大苦戦、線の細さを露呈していた様を見ていたので、総合力ではへナロが一番上だったと思う。

初の戴冠(WBA王座)は、確かダニエル・ロンダ戦だった記憶がある。正直、この試合の記憶はあまりない。
むしろ、日本での二つの防衛戦、竹田戦と渡辺雄二戦はよく覚えている。竹田戦では、テクニシャンタイプの竹田にテクニックでなにもさせず、完封した記憶がある。確か、WOWOWの生中継で見たと思う。正直な感想としては、この戦い方では、ラスベガスにお呼びはかからないな、というものだった。

渡辺戦は、第一ラウンドは渡辺が意外にもスピードに乗ったアウトボクシングで先制するや、二回からはへナロの方が10戦負けなし、全KOの渡辺に打撃戦を挑み、接近戦で打ち勝った記憶がある。実質、あの試合で渡辺は「壊された」ような感じがする。実は僕は渡辺のデビュー戦(B級トーナメントでのデビューだったと思う)と、ラストファイトのユウ・スンホ戦は後楽園で見ていたのだが、晩年の渡辺には、気の毒なほど痛々しい記憶しかない。

その後、のちのスーパースター、デラホーヤのWBOライト級王座に挑むが、なぜか突然の棄権。鼻骨骨折とのことではあったが、たぶん戦っていて、自分のスキルではかなわないと思い、試合を投げた感じがする。このあたり、日本人とは違う割り切った感覚があるのだなあ、と思った。

アズマー・ネルソンのWBC王座に挑戦したとき、ゴング後に喉元を打たれたが、もし倒れたままでも反則勝ちがコールされたであろう。このあと、戦闘再開に応じたのは、「ネルソンなら勝てる」との思いがあったのではあるまいか。

WBC王者時代の防衛戦で印象的だったのは元WBCバンタム、WBAジュニアフェザー級王者、ヒバロ・ペレスとの第二戦である。初戦では偶然のバッティングでNC(負傷引き分け?)になった記憶がある。二戦目では、非常に長い左レバー打ちで、ヒバロが悶絶した。あれは芸術的だった。

ラスト・ファイトが、今なにかとお騒がせのメイウェザーに功をなさしめたのは遺憾ではあるが、結局生涯の敗戦はデラホーヤとメイ様だけであった。ここに、彼の限界を感じることもあるが、名選手であったことは疑いない。

ご冥福を心よりお祈りします。あなたが後楽園で、僕の目の前、5メートルくらいで戦った雄姿は生涯記憶に残ると思います。今は、天国で癌との戦いの疲れを癒してください。ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そのメイウェザーですが、エルナンデスの葬儀の費用を全額負担との報を読みました。
なんでも自分に世界初挑戦させてくれたことと、自分のステップアップとして選ばれたことに一切言い訳をしなかったことに感謝しているとか。

コメントありがとうございます。

anonymous 様

> そのメイウェザーですが、エルナンデスの葬儀の費用を全額負担との報を読みました。
> なんでも自分に世界初挑戦させてくれたことと、自分のステップアップとして選ばれたことに一切言い訳をしなかったことに感謝しているとか。

コメントありがとうございます。とてもいい話ですね。メイウェザーはなにかとヒール役を押し付けられるなか、さりげない思いやりを持った人なのですね。
とにかく、エルナンデスの早すぎる死には胸が痛む思いでいっぱいです。
快方に向かっていると聞いていただけに、ショックが大きいです。
スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。