スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OPBF・日本スーパーウェルターl級戦、日本ライト級戦()

両タイトルマッチの前に行われた、湯場対細川ですが、なんとなく湯場の腰が引けている気がしました。
あと、ジャッジ2名が77-75でしたが、これだと1ラウンドひっくり返ればドロー、ということですね。
僕には湯場の妥当な勝利に見えましたが。

これで、チャーリーとの再戦が濃厚となった湯場ですが、「攻撃力」をアピールしないと前回と同じ轍を踏むことになるでしょう。アウトボクシングを基調にするのはいいのですが、スリー、フォーと手数を増やし、チャーリーを守勢に回らせないと、「迫力」の差でチャーりーの勝ちになるでしょう。

スーパーウェルター級戦は、もともと力の差がありすぎるカードだと思っていましたし、その通りの結果になりました。チャンピオンカーニバルでは、できれば力の接近したもののしのぎ合いを見たいもの。最強後楽園を13階級で実施するか、ランキングに「ロジカルコンテンダー制」を復活させるべきでは???正直、亀海が防衛戦しても、お互いにとってなんのメリットもないのでは???帝拳ジムで、階級の近いリナレスあたりとスパーして研鑽に励んだほうが有益では、と思います。長瀬選手には失礼ですが、心身ともにダメージを残してしまうこと必定でしょう。

ライト級戦は、僕は中森のポテンシャルを前から買っており、王座交代もあるかな、と思いましたが、相変わらず荒川選手のアジャストメント能力は抜群ですね。総合力では、三垣選手の上を行っている、と思います。ただ、魅せる華がないので、世界戦を組むのは難しい、と思います。ミスター・本田のお眼鏡にかなうには、もう二皮くらい向ける必要があると思います。
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。