スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りの更新です。

どうも、最近は朝は8時から、夕方九時くらいまでの激務が続き、更新が滞っていました。

先日のパックマンの試合は、日曜日に生中継だったのを忘れていて、朝からスロット打っていました。

途中で、試合の存在に気がつき、月曜日のリピート放送までネット断ちをして、観戦しました。

スーパーウェルターの試合(150ポンドのキャッチウェイト)とはいえ、144ポンドでリングに上がったパックマン、マルガリートの「竜巻」にいつ巻き込まれるのか、と心配しながら見ていました。

中盤、マルガリートの体力に押し込まれる場面、ボディをきかされる場面もありましたが、持ち前のスピードで、すぐにリカバリーしたのは大したものです。

マルガリートの奮戦も称賛に値すると思いますが、目や脳へのダメージが危惧されます。

ここまできたら、セルジオ・マルチネスのミドル級王座に挑んでほしい気がします。

この試合のような、「アンタッチャブル」なスピードを具現できるまら、体格差は関係ない、と思います。

フライ級時代と体つきを比べてみると、決して「肥えている」わけではなく、上半身、下半身にバランスよく筋肉がついているように思います。

おそらく、フライ級時代も、試合がオフのときには、60キロくらいはあったのでしょう。

メイウェザーとの一騎打ちも見たいですが、たぶんメイは受けないような気もします。彼は、「undefeated」に固執しているようですので。

パッキアオのスピードで、160ポンドの王座も是非とってもらいたいものです。

さて、話が変わりまして、今週は金曜日に長谷川と粟生のダブル世界戦ですね。休日なら、文句なしに観戦に行ったのですが、週休1日の自分には苦しいです。遺憾ながら、テレビ観戦ですね(涙)

正直、今回の二試合、日本人には分が悪い、と思います。

長谷川は、バンタムでは基本的にアウトボックスをしつつ、集中打、というスタイルでしたが、ブルゴスとの体格差を考えると、アウトジャブされて判定が流れる気がしてなりません。WBCのオープンスコアシステムを活用して、試合途中での戦術の切り替えができるかがカギ、でしょうか。

粟生もクラスを上げての世界戦、確かに126ポンドを作るのはきつくなった体つきですね。

相手がヨーロピアンスタイルのテクニシャン、どのような作戦を練り上げているのでしょうか。

日本人は、ヨーロッパのアウトボクサーには分が悪い、と思っています。

佐藤対メジクンヌ、畑山対ロルシ…枚挙にいとまがないです。

くっついて攻めるのか、それとも、先のエリオ・ロハス戦のような消極策に終わるのか…

楽しみな試合ではあります。

帝拳ジムがらみでは、李の王座に下田が挑むことが決まったようですね。

この試合の予想は難しいですが、連打のまとめ際の見栄えでやや下田有利と見ます。

李サイドとすれば、下田が三浦のアウトボクシングの前に負傷判定で敗れている日本タイトルの試合が参考になるでしょう。

下田の射程距離の外から、軽めのワンツーを打つ作戦が効果的だとは思いますが、そうなると判定が難しい試合になりそうです。

李が、下田の土俵で打ち合い、打ち勝つ場面を作れるかがキーでしょうか…。

ほかの重要試合ですと、トマス・ロハスに名城が挑む、というのがありますが、名城は後背筋が非常に発達しており、右の射程距離が短い、と思います。

アルセ、ダルチに惨敗していたため、河野戦のときには「アンパイ」のような扱いをされていましたが、河野との地力の差は明明白白、という感じでした。最終回のダウンがあったので、打たれ強くはないでしょうが、相性的には極めて悪そうです。

そういえば、最新のWBAランクでは亀田長男がバンタム級2位(一位は空位)にランクされ、これまたおなじみの同級三位、パーラと空位の王座を争う、という話を耳にしています。大晦日の次男の防衛戦と同じカードで行われるようですが、118ポンドの実績が全くないのに、なぜ2位にランクされるのか・・。WBAが「亀田マネー」(=TBSマネー)を欲していることの証でしょうね。

最近はWBAのランキング見ても謎だらけで、理解不能です…。

本気で、WBOやIBF加盟を考える時期に来ているのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。