スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯場選手:日本タイトル4階級制覇なるか

チャンピオンカーニバルの季節がやってきましたが、個人的には、ミドル級王座決定戦に注目しています。
135ポンドのライト級から3階級を制覇し、154ポンドの王座は二度にわたってチャーリー太田選手の軍門に下った湯場選手が、一気に160ポンドでの王座奪取を狙います。しかも、相手が元二階級世界王者、ホルヘの弟、カルロス・リナレス選手、というのも興味をそそられます。これまで、数々の修羅場、挫折を経験しつつも、今だ野望の衰えない湯場選手に対し、強豪との対戦は皆無、といってもいいカルロス選手の組み合わせ。正直、湯場選手のキャリアに分があるとは思いますが、カルロス選手の素質が、強豪の前に、覚醒・開花する可能性は否めない、とも思います。
これまで、湯場選手の試合は、たぶん生でも10回以上は観ているとは思います。140ポンド王者時代、国際ジムに出げいこしていた時は、シャドウをまぢかで見た記憶があります。特に変わった動きはせず、やや猫背ぎみに、ワンツー、バックステップ、右フックといったオーソドックスな練習でした。やはり基本は大事ですね。(サインももらいました)
試合で印象的だったのは、やはり140ポンド時代、佐々木選手に名をなさしめた試合ですね。あれから時が流れ、かたや135ポンドに下げで世界戦、かたや160ポンドでの日本タイトル戦、というのも面白いですね。また、テレビ観戦でしたが、リック吉村選手を相手に、限りなく勝利に近いドローを演じた試合も、印象的でした。湯場選手もダウンを喫していますが、あれはレフェリーの誤審でしょう(悪意はなかったとは思います)。リック選手は新人時代、大山鋭二選手には圧倒され判定負け、140ポンド時代にはロシアのヤノフスキー選手にテクニックの差で完敗していますが、坂本選手に喫した敗戦以降、一番苦労した試合だったと思います。世界挑戦の、畑山選手との一戦も、減点がなければドローでなく、勝っていた試合でした。

実は、カルロス選手は、韓国人のいわゆる「かませ」に逆に食われた試合しか、生では見ていませんし、その後のテレビでの試合でも無難な選手との試合しかしていないのが気がかりです。カルロス選手としては、序盤でペースを取らないと、相当な苦しい試合になるでしょう。やはり、どこかで湯場選手の伝家の宝刀、左クロスが炸裂するのでは…。

最近、帝拳勢がタイトルマッチであまり芳しい結果を出していない(リナレス選手のストップ負け、佐藤選手、松田選手もしかり)ので、コーチ陣もかなり気合を入れてくるとは思いますが、湯場選手の「キャリア」「技術」「執念」がそろえば、前人未到の日本タイトル4階級制覇、となるように感じます。この試合は生で観たいですねえ。来週、お給料日で、たぶん加えて所得税の還付も来る感じなので、(最近金欠です、涙)久方ぶりに心に余裕をもって、ホールに行きたいものです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。