スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英単語の覚え方と語源辞典

僕は、プロフでも明かしているとおり、大学受験生対象の受験英語講師が生業です。

生徒からもよく言われるのが、「どうやったら単語覚えられますか」という質問。

僕らが受験生の頃は、「試験に出る英単語」「赤尾の豆単」くらいしか単語集がなくて、紙に書いては、叫んで覚えたものでした。

あとは、「英単語連想記憶術」なんていうのもあり、「lamentable」であれば「ラーメン食べる、悲しい受験生」なんんて叫んで覚えていたものでした。

最近は受験生向けの単語集も充実しており、実は僕の一押しはこれです。



これ覚えとけば、英語の難しい慶應だろうが上智だろうが、大丈夫、というシロモノです。

東大英語・京大英語でもまず大丈夫。ただ、国立志望の場合、英英辞典使ったほうがいいです。


さて、本題に移ります。

ボクシングのファイトニュースを見るたびに、ジョー小泉さんの英文にほれぼれしていた。

「亀田の記事で使われていた、flamboyance(けばけばしさ)なんて単語、どんな単語集にのっているのだろうか? 」

「なんでこの人はこんな難しい単語まで知っているのだろう」

ついに、その答えを聞ける時がやってきたのです。

ジョー小泉さん本人から。

5月1日、後楽園ホール。

とんち番長「失礼ですが、サインお願いします。あと、僕は英語教師なのですが、あのすさまじい語彙、どのように身につけられたのですか?」

小泉氏「学生時代から英語が得意だったのもあるけれども、毎日コツコツやるのが一番ですよ。あと、ラテン語を勉強して、語源を身につけたらいいですよ。

これだ!確かに語源は自分でも無意識に頼っていた部分があったけれども、体系的にはやってこなかった。
ラテン語の勉強も、大学に入学した時のお祝いで伯父さんからラテン語の文法書もらったけど、あきらめてしまった。

とにかく、今日近くの本屋さんに走った。

で、手にしたのがこれです。



難しそうな本ですが、まだ連休中なので、がんばって読んでみようと思います。



スポンサーサイト
スポンサーエリア
プロフィール

とんち番長

Author:とんち番長
後楽園通い、20年超えた、筋金入りのボクシングマニアです。東大や国公立医学部志望者の高校生や大学受験生に「受験」英語を教えることが仕事です(つまりしゃべりは全く駄目です)ので、たまに英文を引用して、受験生のひまつぶしにもなればいいと思っています。結構試験でのツボがあるかもしれません。

なお、かなりのスロ好きです。「デビルマン・悪魔降臨」の画像のプレミア性を理解できた方も、相当マニアなはずです。

この16384の1のプレミアボーナスは、明が美樹の首だけになった遺骸を葬るシーンが、フリーズを伴い、画像表示されるのが基本だとお気づきでしょうか。これは、実は何の変哲もない、よくありがちな美樹が悪魔に追いかけられる画面から入ったのすが、連続演出中にプレミア引いたのでしょう。

自称プレミアハンターで、特に初打ちでプレミアを引くのが得意です(笑)。今日現在、神に5回愛されています。

リンク
アマゾン通販
スポンサー
スポンサー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お勧め
ポイントをPOINTINで獲得!そして換金!完全無料のポイント サイト
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。